大きくて驚きのモンスターバーガー

 

モンスターバーガーは不定期に数量限定で作ります。

 

このハンバーガーの特徴はなんといっても良質な豚肉をベースにしてオリジナルのスパイスで仕上げた 200gのハンバーグと、福岡市内のパンショップ『BROT LAND』さんのおいしい特注大型バンズで作る オリジナルのハンバーガーということ。

ビタミンBなどの栄養素も豊富でヘルシーなポークハンバーグを、ソースを使わない オリジナルのスパイス仕上げていますので、塩分も通常のソースを使ったハンバーガーよりも大幅に控えめ。ですから女性の顔ほどもある大きさですが、お腹にもたれずペロリと食べられます。

現代の働く人たちの健康志向にもぴったりです。

何と言っても大きすぎて。。。インスタにアップしたくなること間違い無し。

 


モンスターバーガーについてもう少し詳しく

モンスターバーガーで使うお肉は豚肉です。

ハンバーグといえば牛肉で作る事が一般的でしょうが、

豚肉には牛肉には無い栄養素、ビタミンB群があります。

含有量は実に10倍近いのです。

このビタミンは現代人の日常生活ではなかなか摂れない微量なビタミンですが、豚肉には豊富に含まれています。

さらに良く見てみると、豚肉の方がカロリーも抑えられ、タンパク質も多い。

脂質はぐっと低くなっています。

豚肉は、最近急増する『牛脂アレルギー』の心配もありません。

どちらもカルシウムが同じくらい含まれていますが、カルシウムを骨に生成するために必要なビタミンDは、豚肉にしか含まれていないのです。

 

このような理由で、モンスターバーガーは豚肉100%で作られています。

 

次にオリジナルブレンドのスパイスについて。

 

スパイスは多種をブレンドします。

赤唐辛子や乾燥ニンニクなども使います。

複雑に絡み合う香りはお肉の旨味を更に引き立てます。

 

 

玉ねぎは抗酸化作用が強力な食品として最近はよく知られる事となりました。モンスターバーガーは、生玉ねぎのピューレを炒めずにそのまま生地に練り込んであります。

化学調味料は一切使っていません。

 

食べて健康になるハンバーガー

モンスターバーガーのハンバーグは200gですが、塩分はわずか0.9gしか使いません。

そのわずかな塩分はスパイスの香りと相まって、肉や野菜、パンの美味しさをそのまま味わわせてくれます。

モンスターバーガーは見た目のインパクト以上に、

健康を作り出していく事にこだわります。

ぜひ一度お試しください。


おなじみのハンバーガーと、
モンスターバーガーを比べてみてください。

まずはA社のバーガー。

少し懐かしささえ感じるクラシカルなバーガーですね。

重さは106gでした。価格は100円。材料が気になります。。。

次にB社のリリースしているアレルギー対策のバーガー。

かなり小さめですね。重さは100gです。アレルギー対策として豚肉100%にしているコンセプトはモンスターバーガーと同じです。パンはグルテンフリーなんでしょうか?白玉みたいなねっちりとした食感があり、なんとなくバーガーというよりも卓袱料理のような風情。300円です。

では次に同じ会社のオーソドックスなバーガー。

トマトベースのソースにフレッシュなスライストマトもサンド。

ヘルシーだしなかなかの重量感。全体で塩分はけっこうありそうですが、ソースの酸味でそれほど気になりません。人気があるのもうなずけます。重さも200gあります。370円。

では最後に、モンスターバーガーの画像を。

思わずスマホをスクロールして他社のバーガーを二度見してしまいますよね。

モンスターバーガーはハンバーグだけで200g。

一個の個体重量は300gになります。こんなに大きいポークハンバーグですが、使われている塩はわずか0.9g。塩気不足で弱くなる味わいはスパイスで補っています。

 

現代人は亜鉛不足で味覚が鈍くなり、調味料をたくさん使わないと味を感じない傾向があります。

このモンスターバーガーをそのまま美味しく食べられる人はきっと健康体です。

あなたは美味しく食べられますか?